Mewのつれづれ日記

写真が好きです。見るのも撮るのも好き。四季を感じられる写真を撮っていけたらいいな🌿

エッセイ

捨てられないお雛様 🎎 

10年以上空き家になっていた実家を取り壊すことになり、いろいろな物を整理し片付けていて、押入れの天袋から出てきたお雛様。(昔ながらの七段飾り) 人形以外の物(台座や飾り物など)はすぐにすべてゴミとして捨てたのですが、人形は人形供養してもらって…

使わず嫌い? 洗濯機編(こどもの日にやって来た)

お出かけできないので、なかなか旅先の写真などをあげることができず… そこでしばらくは日常のお話を 以前に「使わず嫌い」というタイトルで、毛玉取り機という記事を書きましたが(物がショボすぎ)、今回はもっとグレードアップして、洗濯機です。 それも、…

過去詩 〈 キミとボクのこと / 6篇目 ・終 〉

〈 キミとボクのこと 〉長々と書いてきましたが、これで最後です。 そしてたぶんあの頃のボクが一番強く思っていたのはこのこと。 自分に人を注意したり叱ったりする資格なんてあるのか、 今まで自分はそんなに高尚な生き方をしてきたのか、 自分は何一つ間…

過去詩 〈 キミとボクのこと / 5篇目 〉

秋をとびこえて いっきに冬 今日もキミは外へとびだす プーさんの毛糸の帽子が似合ってるね キミの愛車は三輪車から自転車へバージョンUP でもまだ上手にこげなくて、こわい坂があると遠回り 自転車になったら、ボクのヒヤヒヤ度もUP 調子にのるとスピード出…

過去詩 〈 キミとボクのこと / 4篇目 〉

お気に入りのビデオを何度でも見るキミ 一日中 家にいる間は同じビデオが流れてる よく 飽きないね 何がそんなにいいんだろう? キミもそうだけど、つきあって見てるボクまで セリフをおぼえちゃったよ でも、いつかは飽きるのカナ 「見ようよ」って言っても…

過去詩 〈 キミとボクのこと / 3篇目 〉

おやおや こまったね 反抗期ってやつかい 最近のキミは ぐずってばかり ビデオみる アイスたべる くるまのる … ボクを困らせることばかり言う ボクはキミとおしゃべりができるのを 楽しみにまってたけど 今のキミには困っちゃうよ ダメだよ あとでね ちょっ…

過去詩 〈 キミとボクのこと / 2篇目 〉

ボク 背中がヒリヒリといたいよ キミがすごく暑いのに「外へ行く」って言うから 近所のプールへ一緒に行ったんだ そしたらここでもまたキミのあの笑顔 水しぶきの中で本当に楽しそうにニコニコ笑うんだ ボクは炎天下の中、背中がどんどん日に焼けるのも忘れ…

過去詩 〈 キミとボクのこと / 1篇目 〉

若い頃から詩が好きでたまに真似事のように書いていました。 約16年前の詩を発見。というか、捨てられずにとってありました。物持ちはいい方です。笑 その当時大好きで憧れていた詩人さんがいました。 その人は女性だけど、男性の言葉でも詩を書いていて、そ…

12年ぶりの新車と自動運転と

約一年前に車を買い替えた。前の車は12年乗った。 乗りやすい車だった。子育てにちょうど良かった。 いろんな想い出が詰まった車だったけど、さすがに10年を超えたので買い替えようということになり、今の車に。 私が今回の車で唯一希望したのはバックドアが…

花束について思うこと 💐

若い頃は花束が嫌いというか、あまり好きではありませんでした。 もちろん貰った瞬間は「嬉しい!ありがとう!」と言うしそう思ってもいるのですが、心の中で、 あー、帰ったら花瓶探さなきゃ、これから毎日お水変えないと、なんて思っているのです。 そして…

使わず嫌い?

そこそこな大人になっても、人生初のことはまだまだあるもので…。 毛玉取り機なるものを初めて使ってみた。 そういうものが世の中にはあるのだな、ということをうっすらとは知っていたけれど、 私にとって必要な物ではなかった。 だいたい毛玉ってそんなに目…

泣けるのは何も卒業式だけじゃない

息子の高校の卒業式に行ってきた。 小中の卒業式では涙が出た。 あんなに幼くて一人では何もできなかった子がこんなにも大きく成長して…、という感動で。 今回も泣けるかな、と思ったけどそんなことは無く淡々としたものだった。 息子が過ごした高校3年間の…

五本指ソックスの快適さ

数年前に何かで頂いたので履いてみた五本指ソックス。 その時は履くのが面倒だしなんだかもぞもぞとして気持ち悪いと思い放置していた。 それから数年が経ち… 今年の冬は例年よりも寒いからか足の指の間に霜焼けができてしまってどうしたものかと思っていた…